大小のちがいあり|資産運用の為に行なう不動産投資の知識|成功させて安定して収益を

資産運用の為に行なう不動産投資の知識|成功させて安定して収益を

大小のちがいあり

レディー

リスクを限りなく軽減

日本で家を借りるときは保証人が必要であることがほとんどです。家賃滞納のリスクを軽減させるためには仕方のないことですが、身寄りがなかったり保証人になってくれる親しい人がいないときは、住むところを確保するのも難しくなります。そんなときは、家賃保証をしてくれる会社を利用すると良いでしょう。家賃保証会社は貸主にも大きなメリットがあります。毎月安定した家賃収入が得られるだけでなく、わずらわしい回収作業も軽減させることができます。また訴訟に費やされる時間や費用が無くなるのも魅力でしょう。こういったように借主・貸主両方にメリットのある家賃保証ですが、会社ごとに大なり小なりのちがいがありますので、あらかじめ確認する必要があります。

長いスパンで見る

気になる保証内容ですが、家賃だけでなく共益費や注射料金、光熱費なども含まれているところが多くなっています。また、退去費用や修繕費も保証範囲であることも多く、貸主のリスクはかぎりなく少なくなっています。最近では家賃保証だけではなく、投資用マンションなどを営んでいる人には管理サービスもおこなわれています。これによってさまざまな負担がなくなり、将来の収益などを予想しやすくなります。会社によっては家賃保証が定額または定率の場合がありますし、更新時における保証内容の見直しも差があります。ですから家賃保証会社を決める際には、単に目先の保証額に釣られず、長いスパンで見たときの見込み利益を予測しておくことが大切です。